〜明日を一緒につくろう〜

 

名古屋市教職員労働組合(全教名古屋)ホームページへようこそ。
名教労事務所が移転しました
名教労事務所が移転しました。
460-0011名古屋市中区大須4丁目10-26大須土方ドリームマンション801号
(電話番号FAX番号メールアドレスは変わりません) 地図


  本年度の、本市公立学校教員採用選考試験(一次)は、615()に実施されました。例年より1ヶ月前倒しの日程です。皆さまの中にも選考を受けられた方が見えるかと思いますが、この日程はいかでしたか。

予め周知されているから、各個人で中・長期的なスケジュール調整するだけの話、、、ではない部分があります。今回試験を受けられた方の中でも、4月から常勤講師として毎日学校現場で働いてみえる方は、学級担任業務や部活動指導などで連日かなりの残業をしていたはずです。年度当初の諸業務で疲れて、特に4月は全く試験準備ができなかった方も見えるでしょう。そのため時間に比較的余裕のある大学生と比べて不利と感じられた方も見えるでしょう。

 同様の日程前倒しは、他の自治体でも行われています。教育委員会とすれば教員に相応しいと思われる方を早めに確保し、彼らが民間に就職しないようにというわけですが、この日程に対し組合にもかなりの講師の方から『きつい』『本業をセーブせざるを得ない』との声が寄せられています。

だからといって、本市だけ日程を従来通りで実施すれば、今度は出願者が民間や教採を早い日程で実施している近隣自治体に流れ、倍率は過去最低を大きく割り結果人手不足がますます深刻になることが容易に予想されます。

問題の本質は、現場の勤務実態が相変わらず厳しい点にあります。これでは教職を考えている方も、その仕事に魅力・やりがいを感じられないままで出願者は減るばかり。行政はまずここの改革を急ぎ、試験日程を前倒しにして不利益を被る方を出さないようにしなければなりません。

各職場は、多くの将来ある若者が「この仕事に魅力を感じたから、ぜひなりたい」と感じてもらえるようなところでなければなりません。

多くの職場は過酷な勤務を強いられているようですが、一部の職場からは「働きやすい」「働くにはいいところだ」「同僚はとても親切だ」などという声も届きます。組合には多くの職場の問題が寄せられますが、働きやすい職場からの声も組合にお寄せください。

名教労HPをご覧の皆様へ
 今後、資料などは、新着情報のページに掲載しますのでご覧ください。→ただいま使用できません

最新資料
小学校の教頭・教務等の持ち時間 2021年度 2022年度
 2023年度 千種区 東区 北区 西区 中村区
 中区
名古屋市教職員労働組合 第33回定期大会スローガン


最終更新news

最終更新日
12月5日 ことば更新 
  


名古屋市教職員労働組合(名教労)

〒460-0011
名古屋市中区大須四丁目10−26
大須土方ドリームマンション801号

TEL 052-242-4474
FAX 052-242-2938
mail toiawase@zenkyo-nagoya.a.la9.jp

リンク
愛教労(愛知県教職員労働組合協議会)
全日本教職員組合(全教)

携帯ページはこちら!